Gardening Life

迷惑なよその家の猫のフン尿被害をこっそり防ぐ(お庭編)

今回は、猫のフン尿にお悩みの方に、猫よけの製品「ネコ専用立入禁止」シリーズを使っていただきました。

体験していただいた方 / 料理研究家上島亜紀さん

とても便利なお庭での香草づくりに思わぬ悩みが発生

上島「料理研究家以前にとっても食いしん坊なので新鮮な野菜を
いつも味わいたくて庭で菜園を始めました。」

「どんな野菜が多いのですか?」

上島「主にハーブが多いですね。イタリアンに使ったり。」

「ご自分で育てた野菜は格別ですね!」

上島「はい。ところが悩みもあるんです。付近に住んでいる猫ちゃんたちが
ときどき入ってきてフンをしたり。
我が家も最近子猫が仲間入りしたくらいに猫ちゃんは
大好きなんですが…。」

「今回はそのお悩みを聞いて手軽に使えるネコよけ製品、
「ネコ専用立入禁止」をお持ちしました。早速『ネコ専用立入禁止
挿すだけスティック』をお庭の菜園につけてみましょう!」

料理研究家の上島さんのお庭には見事なハーブが
猫の残したフン尿を取り除き、きれいにしてから、被害を受けた場所や猫の通り道等に1m間隔でスティックを差し込みます。 雨に強く、約60日間持続します。 庭や花壇だけでなく鉢植えにも。緑色なので視覚的にもジャマになりません。

上島「とっても簡単なんですね。また緑色で目立たない形なのも良いですね!」

「菜園だけでなく猫ちゃんが侵入しがちな鉢植えや花壇、家の周りにもぜひご使用ください。」

これからのシーズンは、球根を植える時にプランターにさすのがおすすめです!

玄関や駐車場への侵入は防げる?

「駐車場や玄関など挿すことができないところには『ネコ専用立入禁止置くだけ分包』がおすすめです。」

上島「知り合いが付近の猫ちゃんの爪で車のボディに傷がついた…ということも聞いたことがあります。」

「では『ネコ専用立入禁止置くだけ分包』も実際に上島さんのお宅の駐車場に置いてみましょう。」

それぞれ4袋ずつチャック袋に入っているので、それぞれのニオイが混ざる心配もありません。 ローテーションさせて使うことでフン尿の被害や侵入を防ぎ忌避効果が長持ち(※)します。(※当社従来品比) 駐車場でも同様に。分包タイプだから、猫を寄せ付けたくない場所に置くだけ。使いやすく、後処理もカンタンです。※車の上には置かないで下さい。

上島「3種類の嫌がる成分をローテーションで置くんですね。」

「ローテーションで置きかえることでネコが嫌な成分に慣れてしまうことを防ぎ効果が長持ちするんです。」

上島「ありがとうございました!どちらも早速試してみますね。
これからも安心して美味しいハーブを育てたいと思います!」

ハーブを収穫した後はテラスでティータイム。安心してレシピづくりを!

体験者プロフィール

上島亜紀 料理家
1967 年神奈川県出身。料理家、フードコーディネーター&スタイリストとして女性誌を中心に活躍。 企業、カフェのレシピ監修、提案も行う。パンの講師、食育アドバイザー、ジュニア・アスリートマイスター取得。 簡単に作れる日々の家庭料理を大切にしながら、主宰する「A’ s Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を提案している。著書に『本当においしい!とほめられる 毎日かんたん作りおき&ごちそうごはん』(ナツメ社)、『野菜たっぷりスープの本』(朝日新聞出版)などがある。

前のページに戻るページTOPへ戻る