HOME > 犬のなんでもアドバイス > 食フンに困っていませんか?
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

食糞(フン)に困っていませんか?

子犬です。まだワクチンが終わっていないため、家の中で過ごしています。ペットシーツの上でウンチもオシッコもしますが、ウンチをした後それを食べてしまうんです。もうショック。
一体どうすればいいのでしょうか。うちの犬だけなんでしょうか?

お宅の愛犬だけではありません。
イラスト大丈夫。お宅の愛犬だけが特別ではありませんよ。食糞(ウンチを食べる)行動は、悩んでいる飼い主さんが比較的多い行動です。

そもそも食糞は、犬が本来身につけている行動のひとつで、母犬が子犬の排泄を促して食べるという行動は、正常な行動です。
子犬が自分の力では排泄が出来ないからということもありますが、巣に赤ちゃん犬がいることを他の動物に分からないようにする本能からでもあるのです。
また、子犬がウンチを食べるのは、ウンチがコロコロと転がるのがおもしろくて、遊んでいるうちに口にして食べてしまうという行動ですので、他に好きなおもちゃを与えたり、遊んであげたりすれば、だんだんとしなくなることが多いようです。
厳しく叱るのは× 隠れて食べるようになってしまうことも・・・
ただ、飼い主さんが厳しく叱ると、隠れて食べることもありますので、注意してください。また、現行犯でなくウンチを食べた形跡を見つけたら無視しましょう。そうしないと、「食糞をするとあなたが反応して遊んでくれる」と学習してしまい、成犬になっても続けることがあります。

今は活動範囲が家の中だけのようですので、食べるのは自分のウンチだけでしょうが、お散歩できるようになると、他の犬のフンや、ネコなどのフンを食べてしまうことも考えられます。寄生虫や菌の感染の恐れがありますし、食糞自体、飼い主さんがげんなりすることなので、今からなおす努力をしましょう。

苦味剤をスプレーして学習させましょう!
まず、飼い主さんがすぐに出来ることは、ウンチをしたらすぐに片付けて、愛犬に食べる機会を与えないことですが、常に見張っているのは不可能ですね。ウンチを食べようとした時、ウンチに苦味剤をスプレーし、わざと食べる機会を与え、「ウンチは苦いので食べてはいけない」ことを学習させましょう。


また、食フンは、犬によって原因が異なることがあるので、以下のような方法も組み合わせて試すのも効果的です。子犬だけではなく、成犬に関しても同様の方法で対応してください。

トイレトレーニングに関する製品はこちらから
愛玩動物飼養管理士、ペット栄養管理士 斎藤悦子
前のページに戻るページTOPへ戻る