HOME > 猫のなんでもアドバイス > 子猫を迎えるには(先住猫がいる場合)
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

子猫を迎えるには(先住猫がいる場合)

すでに猫を1匹飼っていますが、新たに子猫を迎い入れようと思っています。
狭い部屋なので、仲良くやってくれるかどうか心配です。2匹仲良く暮らしてもらうようなコツは何かありますか?

新たに猫を迎い入れる場合、必ず健康診断を行ってからにしましょう。健康診断の項目は、ノミ、寄生虫、ワクチンの有無、健康状態などです。
猫の感染症には、感染すると治療が困難で命に関わるものが少なくないので、先住猫のためにも、新しい猫は動物病院で診てもらってから会わせましょう。

健康診断が無事済んで、猫たちが一緒に暮らせるようになっても、まずはお互いが慣れるまでは同じ空間には放さず、しばらくは新しく来た猫はケージなどの囲いの中で生活させましょう。お互いが慣れてきたら、ケージから出して生活させるようにします。

先住猫のストレスを考え、食事は先住猫から与えるなど、先住猫を優先しましょう。

猫同士の相性によりますので、仲良くならなくて、お互い距離を置く暮らし方であっても、飼い主さんは静かに見守るようにしましょう。


■ ワクチンで予防できる感染症
・ 猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎、猫パルボウイルス感染症)
・ 猫カリシウイルス感染症
・ 猫ウイルス性鼻気管炎
・ 猫白血病ウイルス感染症
・ 猫クラミジア感染症

■ 現在ワクチンがない感染症
・ 猫免疫不全ウイルス
・ 猫伝染性腹膜炎



愛玩動物飼養管理士 斎藤悦子
前のページに戻るページTOPへ戻る