HOME > 猫のなんでもアドバイス > ブラシ、クシの選び方
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

ブラシ、クシの選び方

ブラッシングの時の道具をそろえたいのですが、お店で見たらたくさん種類があるようです。使いやすいものはどれでしょうか?また、何種類くらい持っていたらよいでしょうか。

猫の毛質や毛の長さに合わせて、2〜3種類のブラシやコーム(クシ)を持っていると、よりグルーミングを楽にしてくれます。実際に手に取り、使いやすい物を選びましょう。

【ブラシ】
獣毛ブラシ(豚毛・猪毛):
値段が高めですが、被毛を痛めにくく、静電気が起きにくいブラシです。フケ取りやマッサージに向いています。

ナイロンブラシ:
安価で、水洗いできるので、ブラシ自体の手入れが楽ですが、静電気が起きやすいブラシです。

スリッカーブラシ(金属):
長毛種や換毛期に便利。毛のもつれや、抜け毛を取るのに適しています。

ピンブラシ(ゴム板に金属のピンを植え込んだもの):
クッション性に富み、皮膚を痛めず、マッサージ効果もあります。毛のもつれ取りや、抜け毛取りに向いています。

【コーム(クシ)】
金属製で目の粗さ、細かさが様々です。粗目と細目が半々になったものが便利でしょう。サイズも様々で、猫専用のものや、ノミ取り用など、種類も豊富です。1本持っていると便利です。猫の体の大きさに合わせて選びましょう。



愛玩動物飼養管理士 斎藤悦子
前のページに戻るページTOPへ戻る