HOME > 犬のなんでもアドバイス > ペットとのお散歩中のトラブルを防ごう!
ペットの何でもアドバイス ペット用品実習・講習 便利なグッズの正しい使い方を習得しましょう!
ペットとのお散歩中のトラブルを防ごう!

愛犬にとって飼い主さんとのお散歩はとってもハッピーな時間。
ついつい嬉しくてリードをぐいぐい引っ張ったり、落ちているものを食べてしまったり・・・。
今回は日ごろのちょっとしたトレーニングやJOYPET製品でお散歩中のトラブルの解決方法を学んでみましょう!

講習会に参加してくれた飼い主と愛犬の皆さんアドバイザー

クッキーくん
AさんAさん
クッキーくん
(ミニチュア・ダックス・♂・3歳)

みるくちゃん
BさんBさん
みるくちゃん
(チワワ・♀・2歳)

アシューくん
高田
アシューくん
(ダルメシアン・♂・9歳)

高田由香さん 講師の高田由香さんと
トラブルに役立つJOYPET製品

「引っ張りグセ」と「拾い食い」は治せるもの?
高田 新緑がまぶしい季節になってきました。愛犬とのお散歩、とても気持ちがいい季節ですね。
今回は『お散歩中のトラブルを防ごう!』をテーマに、楽しいお散歩をするためのマナーや、愛犬に身につけさせることについて、皆さんとお話させていただこうと思います。早速ですが、クッキーくんとみるくちゃんはお散歩が好きですか?
Aさん
クッキーはお散歩が大好きです。人も他の犬も大好きなので、外に出ると本当に楽しそうです。ただ、お散歩は常に引っ張り、くんくん地面のニオイを嗅いでたまに拾い食いをしてしまうこともあるんです。それが困り物ですね。
高田 お散歩のお悩みで多いのが、クッキーくんのような『引っ張り』と『拾い食い』ですね。引っ張り癖を直すには、まず、おうちで飼い主さんに呼ばれたら顔を見る『アイコンタクト』の練習を徹底し、どんな状況でも呼ばれたら飼い主さんに注意を向けることを身につけさせてください。
また、手におやつを握ってその手に鼻でタッチしたら握ったおやつをあげる、などして飼い主さんの『手に注目させる』練習をしておくと、飼い主さんの手を見ながら上手にお散歩することができると思います。拾い食いを直すのはなかなか根気が必要なのですが…『アイコンタクト』を徹底させるとともに、おうちでこんな練習をしてみてください。
お散歩上手のアシューがお手本!自宅でできるお散歩トラブル解消トレーニング
アイコンタクトの練習「お座りもこの通り。僕がおうちでできるトレーニングを披露するよ!」アシュー談室内でリードをつけるおやつやおもちゃなど、愛犬にとってとても気になるものをわざと落とし、そばで「お座り」をさせる
おやつやおもちゃに飛びついて行かないでいられたら、たくさんほめて、特別なごほうびを
手に注目!の練習
おやつを手のひらの指の間にはさむ手のひらのおやつを見せないように愛犬の前で手を振るように動かすおやつを握った手に愛犬が鼻でタッチできたらおやつをあげましょう
公道のお散歩で必要な気配りは?
Bさん
うちのみるくはクッキーくんとは正反対です。人も他の犬もあまり得意ではなく、近寄られると唸ってしまったり、『こわいから抱っこして!』という状態になってしまいます。
高田 犬の性格は様々ですもんね。みるくちゃんがあまりにもこわがっているようだったら、人や犬に無理に近付けず、少しずつ人や犬の近くにいる練習をしてみると良いと思います。犬のいる公園やドッグランに行って、他の犬が遊んだり吠えているのを見たり聞いたりするだけでも『犬慣れ』の練習になります。その中で、みるくちゃんが少しでも興味を示す犬がいたら、ご挨拶させてもらうことからスタートしてみてください。人に対しても同じです。私が良くアシューと一緒に練習したのが、駅の改札をお散歩コースにして、しばらくそこにいることです。制服の学生、スーツ姿のサラリーマン、ランドセルを背負った小学生など、駅の改札には様々な人が通ります。その人たちを見て『人慣れ』の練習ができたとともに、みんながアシューを気にしているわけではない、と理解させてあげることができました。
おしっこした場所には常備したペットボトルで水をかける
Bさん
なるほど…早速みるくともやってみようと思います。あと、最近気になっているのですが、近所に『うちの子はしつけができているから大丈夫』と、ノーリードでお散歩させている飼い主さんがいらっしゃいます。公道をノーリードでお散歩させても良いのでしょうか?
高田 公道をノーリードで散歩させることは、条例等で禁止されています。いくらしつけの行き届いた犬でも、『絶対大丈夫』とは言えません。事故をもらってしまうこともありますよね。お散歩は必ず首輪とリードを付けてお願いします。
Aさん
最近、うんちをそのまま放置という飼い主さんは減ってきましたが、おしっこはそのままの方が多いですよね。我が家は犬のお散歩道に面しているので、玄関を出るとよその子のおしっこがされてしまっていることがあります。
高田 なるべくおうちで排泄を済ませてからお散歩に出かけてほしいですが、なかなかそううまくいかないことも多いですよね。うんちを持ち帰ることは既に常識となっていますが、おしっこをしてしまったら、少なくともその場所に水をかけ、その場所が『マーキングポイント』にならないようにする配慮が必要ですね。夏場は特ににおいますから、水をかけた後に消臭剤などかけると良いと思います。また、おうちの前が『マーキングポイント』になることを防ぐために、『JOYPET フン尿防止スプレー』を使われると良いと思います。
マーキングポイント対策には『JOYPET フン尿防止スプレー』が効果的
お散歩前のケアとお散歩後のお手入れ
Aさん
クッキーは足が短いこともあり、お散歩後とても汚れてしまいます。お散歩後のお手入れについて教えてください。
高田 お散歩後は、すばやく体の汚れを落としてあげましょう。『JOYPET 水のいらない泡シャンプー』や『アミノリンスイン シャンプータオル犬用』を使えば、きれいに体の汚れを落としてあげることができます。汚れを落としたらブラッシングをし、足の裏に何か刺さっていないか、目に何か入って赤くなっていないか、虫刺さされしていないか、などを確かめてあげます。
Bさん
実はみるくは、体を触られるのも嫌がる子なのですが、『JOYPET 水のいらない泡シャンプー』や『アミノリンスイン シャンプータオル犬用』だったら、さっと使えてお手入れがラクにできそうです。
高田 少しでも体を触らせたらごほうび、を繰り返して、体のどこでも触らせる子にしてあげてくださいね。
Aさん
これからも楽しくお散歩をしたいと思います。
Bさん
みるくも私も、気楽にお散歩を楽しみたいと思います。
お散歩後の愛犬のお手入れ「お散歩後のお手入れは『JOYPET 水のいらない泡シャンプー』や『アミノリンスイン シャンプータオル犬用』が便利です」足の裏にガラスや棘などが刺さっていないかをチェック目に虫やゴミが入って赤くなっていないかをチェック
ペットアドバイザー 高田由香 高田由香(たかだ・ゆか)
ペットアドバイザー
ペット可の集合住宅でのしつけ教室やセミナー、イベントの企画・運営などに携わり、「人間と犬が自然に共生できる社会」を目指して精力的に活動中。

わんこの保育園&グッズショップ「Parco del Cane」の代表。愛する夫と愛する子供達(キースホンド1匹、ダルメシアン1匹、コーギー1匹、パピヨン1匹)との6人(?)家族。趣味はサッカー観戦。イタリアセリエA「ACミラン」の熱烈サポーター!
Parco del Cane(パルコ・デル・カーネ) Parco del Cane(パルコ・デル・カーネ)
http://yukablog.tripletta.com/

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-31-18
TEL/FAX 03-3708-3425

【営業時間】
グッズショップ AM11:30〜PM8:00
保育園 AM9:00〜PM7:00(早朝・延長・お泊り保育有り。要相談)
店名の由来=ワンちゃんの広場(イタリア語)
前のページに戻るページTOPへ戻る