HOME > 猫のなんでもアドバイス > ペットのブラッシングのコツと毛玉ケア
ペットの何でもアドバイス ペット用品実習・講習 便利なグッズの正しい使い方を習得しましょう!
ペットのブラッシングのコツと毛玉ケア

愛犬、愛猫のために大切なブラッシング。でも「抜け毛が舞い散るから…」「毛玉ができてしまって…」「ブラッシング嫌いで…」と、億劫になってしまいがち。
今回も高田さんのアドバイスが役立ちます。ペットの快適な生活のためにもぜひ取り組んでみて下さいね。

講習会に参加してくれた飼い主と愛犬、愛猫の皆さんアドバイザー

小太郎くん
AさんAさん
小太郎くん
(ミニチュア・ダックス ♂ 3歳)

ティファニーちゃん
BさんBさん
ティファニーちゃん
(トイ・プードル ♀ 2歳)

バジルちゃん
CさんCさん
バジルちゃん
(チンチラ ♀ 12歳)

高田由香さん 講師の高田由香さん

抜け毛の舞いや毛玉は悩みの種
高田 今回はペットのブラッシングと毛玉ケアについて飼い主さんとお話したいと思います。早速ですがブラッシングや抜け毛などについてのお悩みを聞かせてください。 換毛期は家中が毛だらけに…とお悩みの小太郎くん
Aさん
うちの小太郎は長毛のダックスです。換毛期にはとても毛が抜けて、家中が毛だらけになります。掃除がとても大変で…
Bさん
ティファニーはトイ・プードルです。抜け毛はないのですが、毛にカールがあるので、洋服を着せたり、体をかいたりすると、腕の付け根や耳元に毛玉ができてしまいます。
Cさん
うちの猫は長毛種で柔らかい毛なので、とても毛が絡みやすいです。ブラッシングをする時に毛が舞ってしまうことも気になります。
ブラシを見ただけで拒否反応
高田 毛についてのお悩みはとても多いですよね。
小太郎くん、ラムちゃん、バジルちゃんはブラッシングは好きですか?
Cさん
バジルは小さい頃はブラシをこわがることがありましたが、少しずつ慣らしたらブラシ好きになりました。
ティファニーちゃんは腕の付け根や耳元に毛玉ができやすい
高田 良い子の状態でブラシをかけさせてくれるのはえらいですね。どのように慣らしたんですか?
Cさん
バジルはとても甘えんぼで小さい頃から抱っこが大好きだったので、『ブラシをかける時だけ抱っこ』ということをしばらく心がけていました。
Aさん
わー、偉いですね。私はついつい甘やかしてしまうので、小太郎はなかなかブラシをかけさせてくれません。トリマーさんがやるときは大丈夫なんですけどね…
Bさん
うちも、小さい頃に無理矢理毛玉を取ろうとして以来、お手入れ用品を見せるだけで逃げていきます。
短時間で。無理やりは禁物
高田
お手入れが苦手な子はとても多いですよね。お手入れが苦手な子をお手入れ好きにするポイントは…

●短時間で少しずつ
最初から長時間頑張ったり、力を入れ過ぎてしまうと、不安になったり怖がってしまう原因になります。最初は短い時間で、少しでもブラッシングさせてくれたら、大好きなおやつをごほうびにあげたり、たくさんほめてあげてください。

●無理をせず、痛い思い、怖い思いをなるべくさせない
毛が絡んでいたり毛玉ができている場合、ブラシが引っかかると驚いたり、痛がります。無理に力を入れてとかしたり、1回で毛玉をほぐそうとせずに、優しく、少しずつブラッシングしてあげてください。 「いい子ね」「気持ちいいね」など、飼い主さんが落ち着いた声で話しかけながらブラッシングすること安心させてあげる大切なポイントです。
バニラちゃんがブラッシング 体験!
「ブラシがなめらかに通って毛並みがサラサラになったよ!」「いいコね〜。エラいね〜」と声をかけながら体験してくれたまりあちゃんと陽太君 ペットの目に入らないよう注意しながら10〜20cm位はなして適量を被毛全体にスプレーする。 力を入れすぎないように注意してブラッシングする。(毛並みに逆らってブラッシングすると効果的) 最後に毛並みに沿ってブラッシングをして仕上げる。

愛犬の上手なシャンプーの手順はこちら 愛犬の自宅でできる耳や目やに、爪のお手入れはこちら シャンプーが嫌いな愛猫にはこちらがオススメ!

健康的な換毛は毎日のブラッシングから
Bさん
ティファニーはブラシを出しただけで、自分のハウスの中に逃げ込んで出てきてくれないのですが、どうしたら良いですか?
「ブラッシングは家の中で」を心がけて下さいね
高田 『ママがブラシを出すとイヤなお手入れの時間が始まっちゃう』と考えるようになってしまったんですね。 まずはブラシやお手入れ用品に慣れてもらうことが1番ですね。 ティファニーちゃんが好きなこと、例えば、ごはんを食べる時や遊ぶ時も、ブラシやお手入れ用品をわざと見えるところに置いて、『ブラシはお手入れの時間にだけ出てくる特別なものではなく、楽しい時にもそばにある物だ』と思えるようにすると良いと思います。
Aさん
抜け毛対策や抜け毛に関して注意することはありますか?
高田 毛が抜けることは健康な犬、猫なら仕方のないことです。健康的な換毛を促してあげるためにも、毎日のブラッシングやお手入れをしてあげてください。お手入れはペットの健康チェックのためにも必要ですし、飼い主さんとペットの大切なコミュニケーションの時間にもなります。

抜け毛対策としては、犬の場合、換毛期にドッグカフェや宿泊施設にお出かけするときは、毛を落とさないように洋服を着せるなどの工夫をするのも1つだと思います。また、ブラッシングは公園などの公共の場ではせず、必ず家の中で行って欲しいと思います。毛が飛んできてよその家の洗濯物についた、ごっそりと抜けた毛のかたまりがそのまま落ちている、という苦情もあるようです。
ペットに関するトラブルがあると、愛犬や愛猫が悪者になってしまうケースが多いですから、飼い主さんが十分に気をつけてあげて下さいね。

迷惑なよその猫のフン尿被害をこっそり防ぐ 迷惑なよその猫のフン尿被害をこっそり防ぐ

ペットアドバイザー 高田由香 高田由香(たかだ・ゆか)
ペットアドバイザー
ペット可の集合住宅でのしつけ教室やセミナー、イベントの企画・運営などに携わり、「人間と犬が自然に共生できる社会」を目指して精力的活動中。
カフェ&わんこの保育園&グッズショップ一体型「Parco del Cane(パルコ・デル・カーネ)」をご主人とオープン。愛する夫と愛する子供達に(キースホンド1匹、コーギー2匹、ダルメシアン1匹)との6人(?)家族。趣味はサッカー観戦。イタリアセリエA「ACミラン」の熱烈サポーター!
Parco del Cane(パルコ・デル・カーネ)

Parco del Cane(パルコ・デル・カーネ)
http://yukablog.tripletta.com/

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-31-18
TEL/FAX:03-3708-3425

営業時間
カフェ-AM11:00〜PM8:00
保育園-AM9:00〜PM7:00(早朝・延長保育有り)
店名の由来=ワンちゃんの広場(イタリア語)

前のページに戻るページTOPへ戻る

ペットの目に入らないよう注意しながら10〜20cm位はなして適量を被毛全体にスプレーする。 力を入れすぎないように注意してブラッシングする。(毛並みに逆らってブラッシングすると効果的) 最後に毛並みに沿ってブラッシングをして仕上げる。