HOME > ペット なんでもアドバイス > 上手なシャンプーの仕方
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

上手なシャンプーの仕方

我が家の愛犬はシャンプーが大嫌いでその度に大騒動です。きれいにしてあげたいのですが細部まで洗えないまま終わってしまう感じです。家でも上手にできるコツがあれば教えてください。

このようなお悩み相談を何度かいただいています。そこで今回は「特別編」として上手なシャンプーの仕方をプロのトリマーさんに教えていただきました。

シャンプーでおとなしくしてくれる犬は珍しいくらい。大半の飼い主さんがシャンプータイムを敬遠されているようですね。でもコツはあるのです。ちょっとしたことで随分楽になりますから試してみてください。大きなポイントは「常に優しく声をかけながら、ほめながら・・・」これだけでも犬は安心しますよ。

慌てないよう、必要なグッズを使いやすい位置に用意

必要なグッズを用意。リンスインシャンプー、薬用など種類も豊富
必要なグッズを用意。リンスインシャンプー、薬用など種類も豊富
動きにあわせてすぐ取れる位置に、必要グッズを用意します。ブラシ、シャンプー、リンス(必要あればトリートメント)、タオル、ドライヤー。時間短縮のためにも使いやすい位置にそれぞれセットしておきましょう。

 シャンプー関連製品の詳細はこちらから

緊張をほぐして、毛玉もほぐす

優しい声とスキンシップで安心感を
優しい声とスキンシップで安心感を
優しい声とスキンシップで安心感を
優しく声をかけながら
しっかりブラッシング
まずは身体を触りながら、名前を呼びかけて緊張をほぐしてあげて下さい。飼い主さんの優しい声とスキンシップは気持ちを楽にさせます。身体を触ってあげるのは、熱がないか、皮膚の状態がどうか(体調がいいか)を確かめることにもなります。 次に身体全体のブラッシングです。毛玉ができていたら、この時点できちんとほぐすこと。水を含むと毛玉はさらに硬くなりますのでここで手抜きは禁物です。傷や皮膚の状態などのチェックもしっかりしましょう。

シャワーは身体に近いところから。

シャワーは身体に密着させるように
シャワーは身体に密着させるように
しっかり泡立てて普段は下半身から
しっかり泡立てて普段は下半身から
シンク(小型犬なら洗面台、大型犬なら浴室など)に移し、お湯をまんべんなくかけていきます。温度は約38度、触って少しぬるく感じるくらいです。シャワーの音や刺激を怖がるので、
シャワーは上からではなく身体に密着させるようにあてます。
驚かないよう尻尾の方から、お湯をかけましょう。シャンプーに入る前に、肛門腺(お尻の穴の斜め下あたり)をにゅっと絞って、肛門腺に溜まっている分泌液を出すのも忘れないで下さいね。(*デリケートな部分なので、無理せず獣医さんでも搾ってもらえます)シャンプー剤は小型犬で小さじ一杯分(犬種により調整)をしっかり泡立て、マッサージするように洗います。手の先とか触られるのを嫌がる部分を洗うときは、声をかけながら別の方に気持ちが集中するよう仕向けて、ささっと洗うのがコツです。
目のまわりも怖がらずに洗います
目のまわりも怖がらずに洗います
ニオイの元となるお口の周りもよく洗いましょう。目のあたりは最後に洗い、最初によく流します。
耳もしっかり。入った水は自分でとばすので心配なし
耳もしっかり。入った水は自分でとばすので心配なし
治療中以外は耳も洗います。水が入っても自分でぶるぶる振って水分を飛ばすので問題ありませんが耳穴に直接たくさん水が入らないようにしてあげてください。気になる場合はシャンプー前にコットンを詰めておいてあげるとよいでしょう。
鼻は水が入らないように上向きで流します
鼻は水が入らないように上向きで流します
お湯が入って苦しがらないように、鼻を上向きにして入らないように洗い流します。
指先
指先もきちんときれいにケア
指先もきちんときれいにケア
土やほこり、泥などで汚れやすいため、爪、指先、指の間はしっかり洗うこと。

必要に応じてリンスも

シャンプーをしっかり洗い流したら、必要に応じてリンスをします。シャンプーと同量、小さじ一杯分(小型犬目安)。つけるのは毛先だけでよいです。毛の長い犬種はリンスを少し長めにおきます。また、毛がぱさついているようならトリートメントにして長めに放置してから(約5分)、よく洗い流します。

ドライヤーはしっかりと

ドライヤーの前にしっかりタオルドライ
ドライヤーの前に
しっかりタオルドライ
乾かし始めは風を通すように下からブラッシング
乾かし始めは風を通すように
下からブラッシング
ドライヤーの前にタオルでしっかり水分をとります。これはドライヤーを短時間に済ませることにもなるのです。怖がる子にはドライヤーの風を弱めにして遠くからあてます。ブラッシングしながらドライヤーをかけると毛玉ができません。毛の中にドライヤーの風がよく通るように乾かし始めは下からブラッシングしましょう。指の間はむれるので、しっかり乾かします。

● 乾かす時に犬を乗せる台上にタオルなどを敷いて、犬が滑らないように。
● 怖がる犬はひざにのせてやると安心します。
● 自由に動かないよう、顔を抑えるのがコツ
● ドライヤーは、エプロンの胸にひっかけると両手が使えて楽に手入れができます

エプロンにドライヤーを引っ掛けると両手が使えます!
エプロンにドライヤーを引っ掛けると両手が使えます!
目には直接、ドライヤーの温風をあてないようにしてくださいね。
そして、最後は毛並みに沿ったブラッシングで整えます。
もし爪を切るなら、お風呂上りが水分を含んでいて柔らかくなっているのでお勧めです。

この他のポイント

犬が疲れないよう体調のよい日を選び、短時間ですませましょう。老犬は体力がないので、一気にやると負担になります。耳掃除だけ、シャンプーだけ、爪きりだけ、というように日替わりでケアしてあげるとよいでしょう。また、シャンプーが苦手な犬には時間短縮のためにリンスインシャンプーを使ってみてはいかがでしょう。最後まで頑張ったら、ごほうびをあげるのもお風呂好きになるコツかもしれませんね。
飼い主さんもへとへとになるシャンプータイムなので敬遠しがちですが、定期的にシャンプーすると皮膚病の早期発見など体のチェックにもなるので頑張ってください。汚れの程度にもよりますが月に1〜2回で十分です。次回のシャンプーまでに軽く汚れを落としたい時は水のいらないシャンプーを利用するとよいですね。どうしても神経質な犬はプロのトリマーに任せるのも解決策でしょう。
前のページに戻るページTOPへ戻る