HOME > ペット なんでもアドバイス > はじめてペットの出産を迎える時の心構え
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

はじめてペットの出産を迎える時の心構え

我が家にはメスの愛犬がいるのですが、いつかは愛犬にも赤ちゃんを・・・。と思っています。ただ、いざ出産のための準備をと思うと色々と考えてしまいます。
心構えや準備のために必要な情報をアドバイスしていただけないでしょうか?

交配をさせる前の心構え

「うちのかわいい愛犬に赤ちゃんを産ませたい!」、「かわいい愛犬の赤ちゃん、顔を見てみたい!」という飼い主さんの気持ちは自然なこと。
また、メス犬にとっても、発情してオス犬と交配し、赤ちゃんを出産するのは自然なことです。

でも、家族の一員の犬に出産をさせるにあたり、飼い主さんに一度考えていただきたいことがあります。

出産後、犬が安心して子育てできる環境はありますか?

犬の赤ちゃんは生後90日くらいまで母犬や兄弟犬と一緒に過ごし、社会性を身につけることが理想です。
90日間、母子ともに安全・快適に過ごせる環境を用意できますか?
お母さん犬が上手に子育てできない場合、飼い主さんは十分に手伝ってあげられる時間はありますか?

赤ちゃん達の迎え入れ先は決まっていますか?
犬種によって赤ちゃんが産まれてくる数に違いはありますが、一度の出産で5〜6匹産まれることは良くあることです。
「産まれた子犬を全員おうちで飼う」という飼い主さん以外は、出産前に子犬の信頼できる迎え入れ先を見つけてあげておいてほしいと思います。

出産は100%安全ではないこともあります。
「犬は安産」とは言われますが、犬の体型や体質によっては人の助けを必要としなければ出産できない場合もあります。
出産時に母子ともに緊急事態が起きてしまうこともないわけではありません。
犬は夜中の出産が多いです。緊急事態にすぐに駆けつけてくれる獣医さんを手配することができますか?

子犬を家に迎え入れることは、楽しいことばかりではありません。子犬が産まれてからの心構えをこちらでチェックしましょう!

出産が難しい場合、里親になるという方法もあります。里親探しのサポート< Dog Shelter>もご覧ください。

交配の準備

交配は体が十分にできてからすることをおすすめします。
メス犬の場合、1回目の発情時は体も心も成長しきっていない場合があるので、2回目以降の発情期に交配させるのが良いと思います。

交配前には、獣医さんの健康診断を受け、伝染病のワクチン接種や、寄生虫やノミ・ダニの駆除などのアドバイスを受けましょう。
お婿さん選びも飼い主さんの重要な役目です。
・相性がよいか、性格が家庭犬に向いているか(交配前に何度か会わせてみて相性が良いかどうか判断するとよいでしょう。お婿さんの性格も子犬に受け継がれます。一般のおうちに子犬を迎え入れてもらうならば、家庭犬向きの性格のお婿さんを選ぶことも重要です。)
・遺伝的な疾患がないかどうか(お相手だけではなく、もちろんメスの方にも言えることです)
・近親交配にならないかどうか(血統書などで確認してみるとよいでしょう)
など、飼い主さんが犬の気持ちになって、しっかりとお婿さんを選んであげてください。

いよいよ出産

犬の妊娠期間は交配日を1日目と考えて平均63日です。

妊娠前期
受精卵が子宮に着床していないので、激しい運動は避けてください。交配後、2〜3週間でつわりのような症状が出ることがありますが、2、3日で治まります。

妊娠中期
安定期に入ります。この頃に子犬・妊娠犬用の高カロリーのフードに変えてください。

子犬・妊娠犬用の高カロリーのフード


妊娠後期
お腹がかなり膨らんできます。日常の生活で、段差やぶつけやすい箇所など注意してあげてください。出産の準備も始めます。交配後50日を過ぎたら、レントゲン検査で赤ちゃんの数・大きさ、骨盤の大きさを獣医さんに調べてもらい、出産の際のアドバイスを受けます。
お腹の赤ちゃんの成長で胃が圧迫されるので、消化をしにくくなります。子犬・妊娠犬用の高カロリーのフードを3〜4回に分けて与えてください。

出産に必要な道具(産箱、へその緒処理の綿の糸、はさみ、新聞紙、産湯につからせるための洗面器、体重計など)も準備してください。 産箱は、子犬が生まれる1〜2週間前からお産のために用意する、産床用の箱のことです。置く場所は、人の出入りの少ない、静かな比較的暗いところを選びます。

犬に安全な出産をさせてあげるのが飼い主さんの役目です。 交配前から出産後まで、獣医さんのアドバイスを十分に受けて犬の出産に臨んでいただきたいと思います。


楽しいペットライフを満喫するためには、子犬のしつけの仕方も重要です。子犬のしつけに役立つ製品はこちら。
とくにトイレのしつけは快適に暮らすためには重要です。「トイレのしつけに困っていませんか? <子犬編>」で予習をしておきましょう。

ドッグアドバイザー 高田由香
ドッグアドバイザー
高田由香
アドバイザープロフィール
ドッグアドバイザー 高田由香
・有限会社トリプレッタ 代表取締役
・NPO法人日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー
・愛玩動物飼養管理士
TV、雑誌など多数のメディアに出演中。ペット可集合住宅でのしつけ教室やセミナー、イベントの企画・運営などに携わり、「人間と犬が自然に共生できる社会」を目指して精力的に活動中。
前のページに戻るページTOPへ戻る