HOME > ペット なんでもアドバイス > おうちの中でできる楽しい遊び
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

おうちの中でできる楽しい遊び

これから本格的な梅雨入りですね。我が家にはとっても散歩好きな愛犬が2頭います。
外に出なくても家の中で愛犬たちと楽しく遊べるゲームなどあったら是非教えてください。

最近、雨が降ったりやんだり…
犬とお散歩に出た途端に大雨に降られてしまったり、カフェでゆっくりしてたら雷が鳴り出してしまったり…なんてこと、よくありますよね。

雨降りが続くと、お外で十分に遊べず、ストレスがたまってしまう犬も多いと思います。 ストレスは、吠えてしまったり、おうちの中でいたずらをしてしまう原因になることもあります。 今回は、犬のストレス解消になり、飼い主さんとのコミュニケーションアップになる「おうちの中で できる楽しい遊び」をいくつかご紹介します。

おやつ探しゲーム

飼い主さんが隠したおやつを愛犬が見つけて、ごほうびとして見つけたおやつを食べられる、というゲ ームです。

まずは、紙コップを3つ用意します。その中の1つにおやつを入れて、3つの紙コップをふせます。飼い主さんの「探して!」の合図で愛犬に、3つのうちのどの紙コップに大好きなおやつが入っているか当ててもらいます。

「『探して』の合図でおやつを探す→見つけたら食べられる」ということを犬が理解できるようになったらステップアップ。
おうちの中のいろいろな場所におやつを隠して、愛犬に探してもらいましょう。
最初は簡単に見つかるところから始め、徐々に「え、そんな所に〜?!」という場所に隠してみてください。ちょっと高いところに隠してみるのもいいですね。

おやつを探している途中で犬が迷うような仕草をしたら、手でおやつが隠してある方向を指し示してちょっとだけ誘導してあげてみてください。
愛犬は、「すご〜い、ママったら、素敵なおやつがある場所を知ってるんだ!ママのことを見たり、言うことをしっかり聞いていれば、いいことがあるんだ!」と思うようになります。

ペットボトルでスラローム

アジリティが大好きな犬、多いですよね。
おうちにあるもので楽しく「アジリティ体験」をしてみましょう。

空のペットボトルを数本用意し、その中にお水を入れ、「ポールがわり」にします。ペットボトルを均等な間隔で並べ「スラローム」を作り、その間を犬がジグザクに通る練習をします。
スラロームの間を通る時に「ジグザグ、ジグザグ」などの合図をかけながら練習するといいですね。

最初は大好きなおやつやおもちゃで誘導し、1つペットボトルの間を通るたびにほめてあげます。上手にできるようになったら、飼い主さんが進む方向を指し示す「手の合図」や「ジグザグ、ジグザグ」などの「声の合図」でスラロームの間を通れるようにします。

雨の日は飼い主さんも愛犬もどうしても憂鬱な気分になってしまうと思いますが、逆に「愛犬とコミュニケーションアップをするチャンス!」と気分を変えて、楽しんでみてください。
ドッグアドバイザー 高田由香
ドッグアドバイザー
高田由香
アドバイザープロフィール
ドッグアドバイザー 高田由香
・有限会社トリプレッタ 代表取締役
・NPO法人日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー
・愛玩動物飼養管理士
TV、雑誌など多数のメディアに出演中。ペット可集合住宅でのしつけ教室やセミナー、イベントの企画・運営などに携わり、「人間と犬が自然に共生できる社会」を目指して精力的に活動中。
前のページに戻るページTOPへ戻る