HOME > ペット なんでもアドバイス > 吠える事を直すには?
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

吠える事を直すには?

ペット可のマンションに引越し、待望の小型犬を飼うことに。いざ飼いはじめると吠えるたびに近所から苦情が来ないか心配です。
吠える癖を直す方法はないのでしょうか?

「ムダ吠え」という言葉、よく聞きますよね。でも、犬にとって吠える事にはそれぞれ理由があり、
けして「ムダ」な事をしているわけではないのです。
そうは言っても、犬がずっと吠え続けてしまったり、誰にでも吠えてしまうのでは、飼い主さんは困 ってしまいますよね。 飼い主さんが吠える「原因」をみつけてあげることが吠えることをやめさせる近道です。
今回は吠えてしまう状況別に解決法をさがしてみましょう。

おうちの中でのちょっとした物音や、お客さんに吠える犬は…

「ワンワン!ここは僕の縄張りだぞ!縄張りに不審者は許さないぞ!」
愛犬がおうちの中を自由に歩きまわれる状態になっていませんか?おうち全体が「縄張り」になってしまい、いつも「おうちを守らなきゃ!」という気持ちになってしまうことが多いようです。
ケージやサークルで犬の「安心な場所」を作って、愛犬がおうちの中で自由に動き回れる範囲を狭めてあげましょう。

遊んでもらいたい時、ごはんが欲しい時、お散歩に行きたい時に吠える犬は…

「ワンワン!遊んでよ!ごはんちょうだいよ!お散歩連れてってよ!私の言うこと聞いてよ!」
愛犬が飼い主さんに「命令」をしていまっている状態です。
このような場合は、飼い主さんが主導権を握ることが大切。愛犬が何かを要求して吠えた時には愛犬の言うことを聞かないでください。
普段むやみになですぎたり、かまいすぎたりしていまうことも原因の一つのようです。なでてあげたい時は、「お座り」など飼い主さんが合図を出して、それができたら5秒程度なでてあげてるようにしてみてください。
スキンシップを取りたいときは、「リラックスポジション」(飼い主さんがリードして犬におなかを 出させた状態にする「服従の姿勢」)をしてあげてください。

飼い主さんが帰って来た時、大好きなお友達に合った時など嬉しくて吠えてしまう犬は…

「ワンワン!嬉しくて嬉しくて、興奮して何も聞こえないよ!」
せっかく喜んで吠えてくれているんだからいいじゃない、と思うかもしれませんが、飼い主さんが喜んで吠 えることに答えてあげてしまうと、愛犬は「吠えること=飼い主さんがかまってくれること」と勘違い してしまうことがあります。
たとえ嬉しくて吠えていても無視。吠えるのをやめたら、たくさんほめてあげてくださいね。

鼻にしわを寄せながら、よその人やよその犬に吠える犬は…

「ワンワン!怖いよ、僕に近づくな!」
家族以外の人や犬に慣れていないことが一番の原因です。
人や犬に吠えようとした瞬間に名前を呼んで気をそらせ(アイコンタクトをする)、お座りをさせます。落ち着いてお座りをしたら、ごほうびをあげてください。
犬好きな人、犬好きな犬から徐々に慣らせてあげてください。飼い主さんがしっかりと主導権を握って、「飼い主さんといれば、何も怖いことなんかないんだ」と愛犬に思わせてあげる ことも大切ですね。
『臆病な犬のしつけ方法』も参考にしてみてください。
トイレトレーニングに関する製品はこちらから
犬が吠える事は、飼い主さんに何かを伝えたいしるしです。
飼い主さんが愛犬の言葉に耳を傾け、「吠えなくてもちゃんと伝わるよ。」ということを教えてあげてほしいと思います。
ドッグアドバイザー 高田由香
ドッグアドバイザー
高田由香
アドバイザープロフィール
ドッグアドバイザー 高田由香
・有限会社トリプレッタ 代表取締役
・NPO法人日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー
・愛玩動物飼養管理士
TV、雑誌など多数のメディアに出演中。ペット可集合住宅でのしつけ教室やセミナー、イベントの企画・運営などに携わり、「人間と犬が自然に共生できる社会」を目指して精力的に活動中。
前のページに戻るページTOPへ戻る