HOME > ペット なんでもアドバイス > 子犬を迎え入れる心構えについて
プロがお答えします!ペットの何でもアドバイス 愛犬・愛猫に関する疑問や、心配事などのお悩みにペットのプロがお答えします。

子犬を迎え入れる心構えについて

いよいよ我が家も犬を飼うことにしました。
グッズなどは本やホームページからある程度用意できますが実際に子犬を迎え入れるための心構えというか心の準備を教えてほしいのですが。

子犬を迎えてバラ色のドッグライフの始まり!一緒にフリスビーで遊んだり、ドッグカフェに出かけたり…夢は膨らみますよね。
でも子犬を迎える前に確認をしていただきたいことがいくつかあります。

毎日のお散歩やお手入れなど愛犬を十分に世話してあげられる時間はありますか?

“犬にとって飼い主さんとのコミュニケーションの時間が一番大切。忙しくても愛犬のために時間を作ってあげることができますか?”

犬をが飼える住環境が整っていますか?

ペットを飼ってはいけない集合住宅で内緒で飼うことは、飼い主さんにも愛犬にもストレスになってしまいます。
“最近ペットを飼う事ができる集合住宅が増えていますが、「管理規約」や「ペット飼養細則」をしっかり守って飼うことができますか? また一戸建てに住んでいる方でも地域のルールや近隣の方へのマナーを守って飼うことができますか?”

食事代、病院代など愛犬にかかるお金が負担になりませんか?

ペットを飼うと意外にお金がかかります。食事代、病院代のほかにも、ワクチン接種代、夏には毎月のフィラリア予防もあります。
“愛犬の健康や幸せのためにお金をかけてあげる事ができますか?”

春は狂犬病予防注射の季節
この3つがすべてしっかりできる、と確認できたら、子犬選びをスタートさせてください。
子犬選びは、飼い主さんのライフスタイルに合った犬を選ぶようにしてみるといいですね。

おうちの中でのんびり愛犬と過ごしたい、というご家庭には…

シー・ズー、チワワ、トイ・プードル、ポメラニアン、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのようなかわいがられることが大好きな小さめの犬がおすすめです。
でも、かわいいからといって、甘やかしは禁物。「わがまま息子」、「わがまま娘」にしないように子犬の頃からしっかりしつけをしてくださいね。
トイレトレーニングに関する製品はこちらから

愛犬とお外でアクティブに過ごしたい、というご家庭には…

ニチュア・ダックスフント、ウェルシュ・コーギー、ジャックラッセル・テリアのような、運動が大好きな犬がおすすめです。
小型犬よりも運動量が多くなるので毎日のお散歩が必要です。
「お仕事好き」な犬が多いですから、飼い主さんがいろいろなことを教えてあげると、飼い主さんを尊敬してとても素敵なコミュニケーションをとれるようになります。
飼い主さんのマナー講座(お散歩編)
お外でのトレーニングについて(上手なお散歩のトレーニング)

おうちも広いし、全員体力には自信がある、というご家庭には…

“レトリバー種などの大型犬はいかがでしょうか?”
大きな犬は気持ちが優しく、お子さんとも仲良く遊ぶ事ができる子が多いです。力がとても強いですし、運動が足りないとストレスからいたずらもしてしまうようになります。体が大きくなるので、子犬の頃からしっかりとしつけをしてあげることが大切です。
子犬を1匹迎え入れる事は赤ちゃんが1人家族に増える事と同じだと思ってください。
子犬を迎えたら頻繁に「家族会議」を開いてどんな犬に育ってほしいのか、そのためにはどんな関わり方やしつけをしてあげたらいいのかを家族皆さんで話し合ってくださいね。
ドッグアドバイザー 高田由香
ドッグアドバイザー
高田由香
アドバイザープロフィール
ドッグアドバイザー 高田由香
・有限会社トリプレッタ 代表取締役
・NPO法人日本ドッグパーク普及協会認定ドッグアドバイザー
・愛玩動物飼養管理士
TV、雑誌など多数のメディアに出演中。ペット可集合住宅でのしつけ教室やセミナー、イベントの企画・運営などに携わり、「人間と犬が自然に共生できる社会」を目指して精力的に活動中。
前のページに戻るページTOPへ戻る